News Release ニュースリリース

Freezing as a Service™のデイブレイク、マイクロソフト社の スタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択

特殊冷凍テクノロジーを活用した「Freezing as a Service™(Faas™)」を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:木下昌之)は、Microsoft Corporation(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されたことをお知らせします。

■Microsoft for Startupsとは
マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上でグローバル展開されているスタートアップ支援プログラムです。独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的とし、当プログラムに選定されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとしたマイクロソフト社の保有する強力なテクノロジーへのアクセスに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
Microsoft for Startups概要

■Microsoft for Startups採択を受けてのデイブレイクの取り組み
デイブレイクでは、このたびのMicrosoft for Startups採択を受け、マイクロソフト社から提供されるリソースおよびビジネス支援を活用し、特殊冷凍機「アートロックフリーザー」のIoT化をはじめとするFaas™のプラットフォーム強化に取り組んでまいります。

「アートロックフリーザー」のIoT化では、クラウドを活用した冷凍庫内のリアルタイムモニタリングや、AIによる自動運転モード、コネクテッドサービスの提供、凍結データのビッグデータ処理等の機能およびサービスの開発に着手。これまで当社が蓄積してきた食材研究データと掛け合わせ、よりカスタマーファーストなサービスの実装を目指します。

■ホログラフィックコンピューター「Hololens」を使ったリモートメンテナンス
また、これら冷凍ソリューションのDX化の一環として、ホログラフィックコンピューター「Hololens」を使ったリモートメンテナンスサービスも計画しています。「Hololens」は、ヘッドマウントディスプレイ方式のホログラフィックコンピュータです。ディスプレイを通して空間をスクリーン化し、その世界を見たり、デジタルコンテンツの操作を可能にします。デイブレイクでは、「Hololens」のMR(Mixed Reality)技術を活用した、冷凍オペレーションのリモート設計(工場レイアウトや工程の設計)や、リモートメンテナンスのサービス開発を計画しています。
Microsoft HoloLens 概要

デイブレイクでは、今後も新たな技術を活用した製品およびサービスのアップデートを進め、冷凍をサービスとして提供する「Freezing as a Service™」を通じた、食ビジネスの支援および変革に挑んでまいります。