News Release ニュースリリース

デイブレイク、 台風 19 号の被災地支援として「被災フルーツ救出プロジェクト」を実施

このたびの台風 19 号により、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様へ、心よりお見舞 い申し上げます。

特殊冷凍事業を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:木下昌之、以下 当社)は、このたびの台風 19 号で被災された果物生産者を支援するため、「被災フルーツ救出プロジェクト」 を実施いたします。農作物への被害が甚大である中、「冷凍テクノロジーでフードロスを削減する」をミッションとし て掲げ、規格外フルーツを活用したフローズンフルーツ事業『HenoHeno』を展開する企業として、生産者への 支援を検討。微力ながら我々が支援できることとして、まだ食べられるフルーツを救い出す、本プロジェクトに至り ました。

「被災フルーツ救出プロジェクト」では、台風によって木から落ちてしまったり、キズついてしまったフルーツを当社が 購入し、フローズンフルーツ『HenoHeno』として加工。オフィス向けサービスおよび EC にて販売し、売り上げの 全額を、義援金として被災地へ寄付いたします。なお、10/20(日)には、天王洲キャナルサイドのイベントス ペースにて、生果リンゴの販売も実施いたします。

このたび本プロジェクトで購入させていただいたフルーツは、長野県須坂市のリンゴ 100kg。「被災地支援リンゴ パック」として、10/23(水)より『HenoHeno』のオフィス向けサービス導入企業での販売を開始いたします。

また、 ご契約されていない企業の方々にもご購入いただける被災地支援専用プランを用意しているほか、EC ショップにて、個人のお客様もご購入いただけます。

デイブレイクでは、「被災フルーツ救出プロジェクト」として引き続き被災フルーツの購入を進め、生産者の支援を 行ってまいります。被災地の皆様の安全と、1日も早い復旧、復興を、心よりお祈り申しあげます。

■「被災フルーツ救出プロジェクト」概要
被災したフルーツをデイブレイクが購入し、フローズンフルーツ『HenoHeno』に加工。オフィス・EC にて販売しま す。売上金は、全額被災地へ寄付(※決済手数料および EC サイトへの出品手数料を除きます)。 10/20(日)には、特設店にて生果リンゴの販売も実施します。

【今回救出した被災フルーツ】
りんご 品種:秋映(あきばえ)
数量:100kg 状態:台風の強風で落ちてしまったリンゴです。
表面に多少のキズがありますが、食べられる状態のものを選 びました。ちょうど旬の時期を迎えており、密が多く、甘味が強い品種です。
「被災地支援リンゴパック」内容:冷凍リンゴ(品種:秋映、内容量:100g)
「被災地支援リンゴパック」販売予定個数:1,000 個
販売期間:10/23(水)~売り切れ次第終了

【販売展開】
①オフィス向けサービス導入企業での販売
内容:「被災地支援リンゴパック」
開始:10/23(水)~順次 価格:300 円(1 個)
※従業員の方の購入金額は、各社の契約内容によって異なります。

② オフィス向け支援専用プラン販売
内容:「被災地支援リンゴパック」 ×20 個セット
開始:10/23(水)
価格:6,000 円(税別/送料別)
専用問い合わせフォーム:https://forms.gle/Kwrj6bb3PryEkZRK6