News Release ニュースリリース

デイブレイク×フクシマガリレイ、特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫を共同開発!業界トップメーカーと特殊冷凍のパイオニアが特殊冷凍の拡大・定着を目指す

特殊冷凍技術を活用した「Freezing as a Service™」を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:木下昌之、以下デイブレイク)は、フクシマガリレイ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:福島 裕、以下フクシマガリレイ)と、「特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫」を共同開発いたしました。

■共同開発の背景
このたび誕生した「特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫」は、保管時の品質劣化を最小化し、特殊冷凍の高品質を保つ冷凍保管庫です。特殊冷凍のプロセスでは、食品を特殊冷凍機で凍結した後、冷凍保管庫で保管します。凍結直後は高品質な食品も、保管の環境次第で品質劣化が起こる恐れがあり、デイブレイクでは、食品ごとに適した保管環境を独自の研究で導き出してきました。

また、デイブレイクでは、凍結・保管の他にも、高品質な冷凍食品の開発には各工程の適正化が重要であるという研究結果の元、食べ手が美味しく召し上がるまでの一連(工場レイアウトやオペレーション設計を含む)における最適な方法を提案する「スマートフリーズ」を提唱。この「スマートフリーズ」強化の一環として、このたびの「特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫」の共同開発に挑みました。

フクシマガリレイは、冷凍冷却に関する高い商品開発力を誇り、業務用冷凍冷蔵庫から大型のトンネルフリーザー®まで、日本の約3台に1台の業務用冷凍冷蔵庫を製造する国内メーカーです。昨今の特殊冷凍の広がりを受け、デイブレイクからの「特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫」開発提案に賛同。技術提供に協力いただきました。

■特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫について
デイブレイクの特殊冷凍研究ノウハウと、フクシマガリレイの高いエンジニアリング力で開発された「特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫」は、高い品質を保つとともに、安全性と使いやすさを追求。①品質劣化の最小化、②省スペース、③リスクコントロールの3つをポイントとした専用設計・仕様を搭載しました。

①品質劣化の最小化
品質劣化の原因となるデフロスト時の温度上昇を抑える専用設計を採用。庫内の温度変化を抑え、特殊冷凍の品質を維持しながら長期保管が可能です。

②省スペース
昨今、新規事業に向けた特殊冷凍機の導入が増えてきていることを踏まえ、限られたスペースでも作業導線を圧迫しないスライドドアを採用。カスタムオーダー型で、サイズも自由にお選びいただけます。

③リスクコントロール
万が一の故障に備え、冷凍庫内の温度一定に保つ仕様を採用。機械トラブルがあっても、プレハブ冷凍庫内の在庫のロスを発生させません。

・発売時期:2022年5月
・商品に関するお問い合わせ先:
https://www.d-break.co.jp/contact/

デイブレイクとフクシマガリレイは、このたびの特殊冷凍専用プレハブ冷凍庫の誕生により、特殊冷凍が一層広がり、特殊冷凍技術を活用した高品質な冷凍食品の流通が活性化することを期待しています。