News Release ニュースリリース

冷凍の価値を上げ「冷凍だからウマい時代」を共創する。次世代冷凍ビジネスコミュニティ『デイブレイクファミリー会』発足

特殊冷凍テクノロジーを活用した「Freezing as a Service™(Faas™)」を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:木下昌之)は、水産卸や外食、仕出しなど、あらゆる業種で特殊冷凍機を活用する日本全国の経営者が集い、事例やアイデアを共有しながら次世代冷凍ビジネスを研究開発する『デイブレイクファミリー会』を発足いたしました。

『デイブレイクファミリー会』は、「特殊冷凍機を活用して会社と地域社会を良くしたい」日本全国の経営者が集い、事例やアイデアを共有し切磋琢磨することで、みんなで冷凍の価値を向上させるオープンイノベーションです。各社の研究成果を持ち寄り品質向上に努めるほか、新業態の開発や販路拡大など、新たなビジネスチャンスを共に開拓します。

3/16には「『デイブレイクファミリー会』発足記念イベント」を開催し、代表木下から発足趣旨と展望を発表。コミュニティの結束を活かして「冷凍だからウマい時代の共創」を目指すほか、将来的な展望として、ファミリー会メンバーが手掛ける洗練されたメイドインジャパン食品を特殊冷凍で共同輸出する、海外プロジェクトについてもコメントしました。

イベント後半に行われた事例共有会では、各社の冷凍ビジネスやファミリー会に期待することを発表。参加者からは、「冷凍ビジネスを相談し合えるコミュニティがこれまで無かったので、異業種の方と交流できる場は業態開発に役立つ」「得意分野で協力し合うことで、やるべき事を磨き上げいていきたい」などの声があがりました。今後は、オフライン/WEBの定例会を開催するほか、モデル企業視察セミナー、共同販路開拓などを行う計画です。また、災害時の安否確認や、全国各地への食糧支援体制の構築も進めています。

デイブレイクは、これらも特殊冷凍のパイオニアとして、食品事業者が抱えるあらゆる課題解決に努めるとともに、サステナブルな食業界の実現やノンケミカルな食のロングライフ化など、特殊冷凍で実現できる未来を広げてまいります。

■次世代冷凍ビジネスを研究する『デイブレイクファミリー会』とは
特殊冷凍機を活用して会社と地域と社会を良くしたい日本全国の熱い経営者が集い、冷凍ビジネスの事例やアイデアを共有し、共に研究する、「世界最先端の冷凍ビジネスの情報」が飛び交うオープンイノベーションです。

【活動内容】
1)冷凍ビジネス未来会議 リアル/WEB定例会
デイブレイクからの食材研究事例紹介や、次世代冷凍ビジネス業態の共同研究を行います。
2)モデル企業視察ツアー
特殊冷凍機をうまく活用したモデル業態・企業の視察ツアーです。
3)冷凍ビジネス個別サポート
冷凍商品開発や計画生産体制の構築をデイブレイクのエキスパートメンバーが個別サポートします。
4)共同販路開拓
特殊冷凍で仕上げた高品質な冷凍食品の販売先を、ファミリー会メンバーで共同開拓します。