Food × Technology

技術の進歩により様々な領域をIT化する流れが全世界で起きています。
「金融×Technology」のFintechを筆頭に、
教育にITを掛け合わせる「EdTech」、医療にITを掛け合わせる「MedTech」などがあります。

その中で弊社が注目している「〇〇×Technology」は、
食品とTechnologyを掛け合わせた「FoodTech(フードテック)」です。

 

 

特殊急速冷凍 Technology

特殊急速冷凍とは、食品が凍る温度帯(-1℃~-5℃)を素早く通過する凍結方法のことをいいます。
氷の結晶を小さいまま凍らせ、細胞を破壊せずに品質を保ちながら凍結することができます。

高品質で保存できるので飲食店のロス削減や、生のままでは流通が難しい食品を日本全国・全世界に届けられるようになります。

インターネット Technology

2000年に入りインターネットは日常に溶け込み、
私たちの生活の一部になっています。
だからこそ、たくさんの人に特殊急速冷凍や急速冷凍食品を届けるためにインターネットは欠かせません。

誰でも手軽にデイブレイクと関われるネットワークを構築して、様々な人と協働することによって革命を起こせると考えています。

FOODTECH IS THE KEY SUCCESS FACTOR OF INNOVATION

FoodTechで食品流通に革命を起こします。

デイブレイクの事業を説明するのに欠かせない言葉が「フードテック(FoodTech)」です。

 

 

生鮮食品や加工食品を、特殊急速冷凍技術を用いて食品の品質を維持した流通を可能にし、さらに冷凍した食品を弊社のwebサイトを通じて消費者に届ける事業も展開しています。

Technologyだからこそ解決できる課題がある

科学技術は今まで解決しえなかった課題に対してソリューションを提供できます。
弊社が取り扱っている特殊急速冷凍もその技術の1つです。

様々な課題を抱えている食品流通業界。
今まで解決できなかった課題を特殊急速冷凍を通して解決することができます。

 

特殊急速冷凍とは

食品は-1℃~-5℃の温度帯で凍ります。
急速冷凍とは、食品が凍る温度帯を素早く通過する凍結方法のことをいいます。
氷の結晶を小さいまま凍らせ、細胞を破壊せずに品質を保ちながら凍結することができるのが、特殊急速冷凍です。

「大量に仕入れた食品を急速冷凍で高品質のまま保存し、ロスを減らしたい」
「安心・安全な冷凍食品を消費者に届けたい」

といった、すべての食品業者様と一緒に特殊急速冷凍で食品流通の問題を解決します。